Y'Sが短期間で全くの初心者を「プロに育成できる」理由

資格は取れたけど就職ができない、サロン開業の仕方がわからないまま卒業となってしまう方も珍しくありません。当校では、直営サロンやスチューデントサロンで実際に研修できるので、卒業後に就職や即戦力のあるネイリストになれます。また独立、ホームサロン開業の道も開けます。講師が一人ひとりの目標に合わせて全力でサポートしていきますので一緒に夢を叶えましょう。

  • 少人数制による授業
    講師が一人ひとりに責任をもって指導します
  • 無料のフリータイム制授業制度
    欠席の補講や予習・復習は受講中なら何度でも無料
  • 直営サロンだから就職も安心
    直営サロン7店舗の運営だから就職も安心
  • スチューデントサロン完備
    実践的なサロン体験できるから就職前でも安心
  • 夢をかなえる万全の就職フォロー
    卒業後も就職相談受けております

美容スクールの決め手(POINT)

Y'sインターナショナルビューティーカレッジは、エステティック、メイク、アロマテラピー、ネイル、着付けなど、自分自身もキレイになりながら業界で活躍できる技術を身につけ、働きながら通えるスクールです。
当スクールでは、少人数制指導で先生との距離がとっても近く、その為、一人ひとりの状況に合せてキメ細かい指導ができ、又 質問しやすい環境作りでクラス全体をしっかりレベルUPします。
美しさを引き出す技術や知識だけではなく、接客のサービスマナーなどを基礎からじっくりと即戦力になれるようなカリキュラムで、卒業時には多くの資格が取れることも魅力です。メイク・エステ・ネイル・アロマをしっかり学びたいという人にオススメです。 美容に興味があれば早ければ早いほどいいと思います。パンフレットやホームページである程度どんなことを学ぶのか分かるし、他の学校とも比べやすいと思います。 ... まずは気軽に資料請求や学校説明会へ参加してみるといいと思います。

◆資料請求◆


業界の採用事情を知ろう!!

まず最初に、就職の際に必要になる資格や現在の就職状況など、自分の目指す業界の景気や採用事情を調べておきたい。友達や知り合いの中から、その業界で働く人を探して、話を聞くのも方法の一つです。

学校カリキュラムやコースの種類を確認しよう

自分のレベルに合ったカリキュラムかどうか、希望する資格が取得できるコースかどうかなどをしっかり確認しよう。スクール選びで失敗しないためにも、目的に応じたコース選びを心がけたい。

学校授業方法や開講時間をチェックしよう

学校講義形式や実技レッスンの割合など、学校授業の形態はスクールによりさまざま。事前に確認して自分に合った形態を選びたい。自宅や仕事場から無理なく通えるか、場所や時間についても要チェック。

学校の総費用をきちんと計算しよう

受講料が安いからとすぐ決めてしまうのは早計。受講料以外にも、学校入学金や施設使用料なども入学時に支払わなければならないことが多い。教材費や材料費についても、いくらかかるのかを確認しよう。

学校の雰囲気や施設・設備を見よう

楽しい学校ライフを過ごすためには、学校や生徒の雰囲気を知っておくことも大事。また教室の広さや専門機材の充実度など、スクールの施設や設備もあわせて確認しておきたい大切なポイント。

学校の方針や講師の指導方法を確認しよう

学校が変われば方針内容、講師の指導方法も変わってきます。学校見学やオープンキャンパスなど、実際の授業内容が体験可能であれば体験してみるのもいいでしょう。

エステティシャン・メイクアップアーティストに大切な「手」

エステティシャンは、本当の意味で「手技」が中心です。技術はもちろん、手で肌に触れることで微妙な肌の変化や体調まで察知ができ、手の温もりで心やホルモンのバランスが取れ、意外な効果が認められています。 メイクアップアーティストも同じで、手の平を使って骨格や肌のコンディションを知ります。それは、お肌がきちんと潤っているのか。むくんではいないか。メイクをする前に、丁寧にケアすることで本来持っている顔の状態に導き、活力を取り戻します。

エステティシャンとは

エステの本格派をめざす方は、今後のエステの市場を把握することも大切です。


エステティシャンの将来性と目指すエステティシャンになるには

日本ではエステティシャンのための公的な資格等の制度はありません。本格的エステティシャンをめざす方はキャリアの裏付けとしてのライセンス等の習得を目指す人が増えています。エステの専門学校で技術を習得した後、エステ関連や美容室、ブライダルエステ、最近ではリゾートホテル、スポーツジム等で活躍する方が多くなってくるでしょう。 認証制度や特定商取引法の改正などを背景にエステ業界淘汰の予想がある半面、特定保健指導、さらにメンズエステの市場の拡大もあり、エステ市場はより拡大が見込まれています。


本格的なエスティシャンとしてエステティック関連の勉強をするには

エステティシャンの学校ではエステの理論と実践を中心に学びます。顔、全身トリートメント、脱毛、メイクなどの技術、皮膚科学などの基礎知識、化粧品や美容機器等エステの専門知識、接客の技術、カウンセリング技法などを学びます。エステ業界は、多様化する消費者ニーズに敏感に対応し、新規顧客を獲得するかが成長要因とされています。 エステティシャンにはより確かな技術品質が求められるので、エステ専門学校・エステスクール等で、基礎基本を完璧に学び、自分のキャリアをあらわすためのライセンスを取得することも必要になってくるでしょう。

◆エステティシャンを目指す方へ◆


女性の働く場として、働く女性の求める場として

調査によると、エステティックサロンを利用している人の多くが女性であり、またその多くが会社で働いている人です。これはなぜでしょう。 現代の女性の多くは職業に就き、結婚して家庭を持っても仕事を続ける場合がとても多くなっています。社会に出ることで、女性はそれまで以上に身だしなみや外見に注意を払い「より美しくなりたい」という欲求が強くなります。その欲求を満たすサポートをすることが、エステティックの役割です。 同時に、職場でのストレス、家庭と仕事の両立によるストレスなど多くの精神的負担を抱えることになった女性に対しても、エステティックは有効です。エステティックの持つリラクゼーション効果を、女性は強く求めています。エステティックのトリートメントにより、心と身体のバランスがとれることを女性はよく知っているのです。そして、そんな疲れた女性の心と身体をケアするには、技術はもちろん、心遣いときめ細やかなサービスが必要です。 また、エステティックは、女性のやさしい気配りなどが発揮できるという点で、女性が働く場としても将来有望です。自分の仕事の効果をすぐに確認でき、人々の健康でいきいきとした生活に貢献しているという意味です。エステティシャンはたいへんやりがいのある仕事です。


これからのエステティック業界

エステティシャン志望者にとって今後のエステの市場の現状を把握することも大切です。ある調査によると2007年度のエステの市場規模は、4013億5300万円(物販を含む)ということでした。特にメンズ市場は2けた成長で、エステ全体の9.5%を占めるまでに拡大しています。主力の女性向け施術の構成比をみると、フェイシャル・美顔関連が47.3%、ボディー・痩身関連が37.1%、脱毛関連が12.7%という状況です。また、年代別では20代が最も多く、30代、40代、50代と続いています。住宅地や校外に店を構えるサロンでは、60代のお客様も少なからず見られます。 職業別では会社員が約半数で、専業主婦はおよそ2割にとどまっています。いずれも、立地条件などに左右され、住宅地・校外と繁華街・ビジネス街では傾向が異なっています。 また、今後の来店客数の動向については、総売上高は「減ると思う」を「増えると思う」が大きく上回り、景気に左右されるとはいえ、明るい兆候がサロンの現場では感じられている、ということがいえるでしょう。


メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストには、もちろんメイクの技術が必要です。さらに依頼主から信頼を得ることが重要です。
アート、ヘア メイクからブライダル、特殊メイクの仕方・方法までメイクを手がけるメイクアップ アーティストが今とても人気です。
また、最近ではヘアとメイク以外にネイルも担当するなど、「美」の面からプロデュースするお仕事も増えています。 将来メイクアップアーティストに限らず、メイクに関る仕事がしたい方、プロのメイクアップアーティストをめざして、就職のために専門学校・スクール・通信講座で基礎から学ぶ人もいれば自分のため、女子力をアップ゚させるために…など趣味でメイクアップスクールで学ぶ人もたくさんいます。

メイクアップアーティストには、美容師のような国家資格がありません。その代わりヘアスタイリングやメイクの基本的な技術や知識、流行を敏感に察知して取り入れるセンスや表現力を磨く事が大切になってきます。
メイクアップアーティストという仕事は、主に雑誌やポスター、テレビ、CMやファッションショーなどで、モデル・タレント・歌手・アナウンサー・俳優・女優などにメイクを施す仕事。 また、身近なところでは、百貨店などのコスメ売り場でお客様にメイクしながら販売をする美容部員や、結婚式を上げる花嫁さんたちや美容サロンでのメイクもメイクアップアーティストの仕事。魅力を引き出し、表情を美しく見せるようにすることもあれば、撮影のテーマに即して変身させることもあるため、美的センスと腕がものを言う仕事です。
専門雑誌が続々と創刊されるなど、一般女性の間でも関心が高まっています。徐々に注目が集まり、タレント以上に有名な方もいるほど。活躍の場も広がる傾向にあり、デパートでのデモンストレーションなどで活躍する人も増えています。 専門学校やキャリアスクールなどに入学して技術を学ぶのが一番の近道。その他、通信タイプのスクールや講座などがあります。
通学タイプは直接講師から学ぶことが出来るので、必要な技術がしっかり学べます。検定試験など資格を取りたい人でしっかり勉強したい方にオススメです。 短期の講座から長期の講座まで様々です。通信教育タイプは学校に通う時間がなく自分のペースで学びたい人、仕事をしながら学びたい人などにオススメです。
卒業後の就職先としてはブライダル関連企業や事務所、百貨店、化粧品会社、サロン、美容室などが挙げられます。アシスタントとして経験を積み、将来的には独立も可能です。腕を見込まれればタレントと専属契約を結べることもあります。

◆ヘアメイクアップアーティストを目指す方へ◆

ネイリストとは

ネイリストとは、お客様の爪を美しくすることを仕事にする爪のプロのこと。ネイリストといえば、爪やチップなどに、花や模様、ラメやストーンといった、美しい模様や飾りをする「ネイルアート」を施すことがクローズアップされますが実際の仕事は、まずお客様自身の爪をケアしたり、折れたり薄くなってしまった爪を保護したりしてあげるといったような仕事つまり本来は「美しいネイルが似合うように手や爪をキレイにする」、手と爪のエステティシャンといったほうがぴったりくるかもしれません。

とはいえ、お客様が一番望むのは、ネイルアートの部分というのももちろんあります。一口にネイルアートと言っても、爪本体に施すものから、チップ、エクステンションネイルといろいろ。これら様々なネイルついては、「ネイルの種類」のところで詳しく説明してあります。


ネイリストの働き方は

さて、ネイルの種類がいろいろあるように、ネイリストの働き方もいろいろあります。ネイルサロンを自分で開く、ネイルサロンに勤める、というのはもちろん、美容院、結婚式場やエステサロンのネイル部員、出張ネイリストやネイルスクール講師まで幅が広いです。最近では、チップを作成しネットで販売など、接客は苦手だけどチップ作成は得意!という専門職まであります。


ネイリストになるには

どのように働くにしてもネイルに関わる仕事をするなら、大切なのは基本です。プロを目指すなら、独学でよりもスクールや講座などでしっかり勉強することをお勧めします。そうはいっても実は、日本国内で仕事をするにあたっては、ネイリストというのは特に資格はいらないのです。極端な話「ネイル得意だから」と「あたし、今からネイリストよ!」と言ってしまっても問題はありません。

ただ、資格に代わるものとして、「ネイル検定」というものがあります。自分のレベルに応じて受験でき、そのレベルがネイリストとしての評価として使用されます。正式な資格はないといっても、実際は高いレベルの試験に合格する方が就職や収入の面でも差が出てきますので、ネイルをしっかり学んでレベルアップすることをおすすめします。

ネイルストは他人の手や爪に施術することで収入を得る仕事ですから、しっかり勉強して技術を身につけることで、ネイリストとしてのレベルも収入も上がっていきます。

ネイリストはお客様に喜んでもらうのが仕事です。

ブライダルネイルに代表されるような、晴れの舞台、特別な時にだけネイルアートを希望するお客様もたくさんいます。

そんなお客様の特別な気分を害さないために、接客も学び、自分自身を内外から磨くことも大切です。

このように、ネイリストとは、ネイルの知識はもちろん、他にも接客などたくさんの要素が必要な「手と爪のスペシャリスト」です。

◆ネイリストを目指す方へ◆


資料請求

エステティシャンを目指す方へ

ヘアメイクアップアーティストを目指す方へ

ネイリストを目指す方へ

取得できる資格

よくあるご質問

企業の皆様へ

Y'Sのブログ

入学ガイド

Y'sプロデュースサロンブログ

Y'sスクール費用が月々1万円

友だち追加数

Y'sスクールfacebook

特定商取引に関する法律に基づく表示

プライバシーポリシー


site produced by Yuntaku.com